10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.29 (Thu)

酒屋さんお勧めのお酒 ~想天坊~

  ビールとお酒の空き瓶を沢山持って
 酒屋さん( 鈴木三郎商店さん ) に行って来ました
  しかし良く飲むな~    我が家の誰かさん・・・・

 moblog_0034d03a.jpg
店主の方がお勧めして下さったお酒です
 新潟生まれ、新潟育ちの新しい酒米 『 越淡麗 』 で仕込んだお酒
 【 越淡麗仕込み 純米大吟醸生詰原酒 想天坊 】 です

720mlの四合瓶と一升瓶、どちらにしようかと迷いましたが
『 えいっ 買っちゃえ~ 』 と勢いで一升瓶を買いました
お得感もあるしね!
『 こんなに長い肩書きのお酒は、そうそうないです!』 とおしゃっていましたよ

吟醸造りならではの芳香と雑味の無い、きれいでやわらかな旨み
酒造好適米 『 越淡麗 』 100%使用
精米歩合 40%  のお酒です

日本酒の事、よく分かりませんが私も頂かせてもらいます ⇒ 明後日に頂きます
明日は月末で残業なんで、帰りが遅いため明後日です
店長にも待っててもらおー ( 当然?待ってもらいますよー 

生詰酒なので冷蔵庫に入れてあります
野菜室の中で野菜の間に斜めになって埋もれていますが
月末処理頑張るから、頑張った次の日まで冷たくなっててね~
【 越淡麗仕込み 純米大吟醸生詰原酒 想天坊 】
完全にオヤジさんしてますが楽しみです 

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました







 

 
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

22:31  |  お店情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2012.11.25 (Sun)

私の仕事

会社での仕事は、普通の事務のお仕事です
先日、本社(大阪)から監査役が来られ監査が有りました
若干、緊張しましたが  取り合えず終わりホットしました
上司と営業さんとでお昼をご一緒させて頂き、近くにある
 『 とんかつ政ちゃん 』 に行きました
特急かつ丼 (新潟名物のタレかつ丼、頼んでから一番早く出てくるからなのかな?)を
食べた監査役は 『 これ旨いね! 』 とご満悦でした  

以前に、タレかつ丼アップします・・・・と言っておきながら出来ておりません
いつか、いつか頑張ります

 久し振りにお店のお手伝いに行ってきました
 お店でのお仕事は、もっぱら試食係です

 有機野菜の生産者さん ⇒ 長井さんの赤カブです
 でっかい~  
 中まで赤い~
 力強い野菜ですね
 長井さんのメッセージも力強いですよ
 『 旨いにこだわって育てました 』  分かりやすい
 長井さんの野菜袋には紙が入っています

 稲ワラ、米ぬか、野菜くず、鶏糞、カニがら、豆粕、魚粕、油粕、骨粉、カキ殻など
 有機質で育てました
 農薬は使用していません
 安心してご賞味下さい  

 moblog_c858cf43.jpg 
赤カブを薄く切って、ほんとうに少しのお塩を振ってお出ししました
有機のお野菜の本来の味を損なわないように・・・・
葉っぱが綺麗なんで一緒に添えてみました
多分、葉っぱも食べたら美味しいはずですね

この繰り返しになりますが、こんな感じでお手伝いをしています
これが私のお店での仕事になります
スタッフさんが 『 お休みなしで大変ですね 』 と気遣ってくれるので有難いです
そういった心遣いに感謝して、またお店に立ちたいと思います

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました













テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ - ジャンル : グルメ

21:59  |  お店情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.11.19 (Mon)

西洋梨の貴婦人 ~ルレクチェ~

 新潟市江南区亀田 熊谷さんの 『 バラード 』 という洋梨です
 ラ・フランスとバートレットという品種の洋梨を交配したもので
 果汁が多く  甘みと優しい酸味があります
 バラードを作っている方はあんまりいらっしゃいませんが
 熊谷さんも、ルレクチェを出荷して下さる生産者さんの一人です

 

新潟が誇る冬の果物 ⇒ 西洋梨 『 ルレクチェ 』 のご紹介です
明治35年、原産地フランスから苗木を輸入して
新潟市南区 ⇒ 旧白根市で栽培を始めたのが始まりです
ちなみに旧白根市は果物の宝庫で、桃・梨・ぶどうの名産地でもあります

ルレクチェはとても栽培が難しく、今では原産地のフランスや世界各国でも
ほとんど生産されていない洋梨なんだそうです
生産農家さんの熱い思いと県の行政機関のご協力により
長い年月をかけ、安定供給が出来るようになった 『 ルレクチェ 』 は
西洋梨の貴婦人と例えられ、新潟のブランド品にまでなりました
最盛期は11月下旬から12月下旬、まさにこれからが  旬 の果物です 
10月に収穫した物 ( 収穫時は緑色 ) を約40日間、貯蔵庫の中で追熟させ
柔らかい黄色になるのを待って出荷されます
あと数日でお目にかかれます 
ボジョレーヌーボみたいに解禁日があるなんて・・・凄い果物ですね 
< 芳醇な香り 上品な甘さ  優しい舌触り  > 
新潟の贈り物  としても大変喜ばれる 『 ルレクチェ 』 
暖かい部屋で冷たく冷やして、是非食べてみて下さい

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました



 

テーマ : ご当地名物 - ジャンル : グルメ

22:05  |  お店情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.11.16 (Fri)

手作りのクリスマスオブジェ


 少しずつクリスマスモードになってきましたね
 ポインセチアのお花が目に入るたびにウキウキしてしまいます

 会社のテーブルにサンタさんが登場しました
 3年前に作った物をまた今年も引っ張り出して飾っています
 サンタさん&白い器  ⇒ 100円SHOPさんで購入して  
 プリザーブドフラワー ( 専用の溶液につけて加工している生花のように見えるお花 )
 と一緒に飾った物です
保管の仕方が悪くて、ドライフラワーみたいになってしまいましたが
湿気と直射日光を避け、上手に扱えば10年位も持つお花なんですよ
花材はちょっと高いですが、10年ももったら実際は凄く安い買い物をした感じにもなりますよね

それにしても、100円SHOPさんにはいつもお世話になっているなぁ~
とにかく見ているだけで楽しい~ 

moblog_2ee99ec3.jpg 
これ我が家のクリスマスオブジェに欠かせない物です
タコじゃないですよー
タコじゃないんですよーーー 
息子が園児の時に作った 『 トナカイ 』 なんですよー 
若干崩れた、いびつな感じがいい味出してます 
ちょっとほっこりして頂けたら幸いです  

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました







 

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

22:24  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.11.10 (Sat)

鮭のはらこ ~イクラの醤油漬け~

 鮭のはらこ=イクラが底値になるのを待って、待って、待って
 待って、ようやく  『 イクラの醤油漬け 』 を作りました
  これで1000円ちょっと分です  
 自分で作れば割安でこんなに沢山出来ます
待った甲斐がありましたーー(笑) 

毎年、出来るだけ粒の大きいものを買います
粒が大きいと食べた時にプチッと割れるその食感が好きだから・・・・
しかし、粒が大きいものは皮が固いと言われますが
成熟した分硬くなるからなの??? 
何回か作りましたが、絶対そうだとも限りませんよ 
今年のイクラも  皮も硬くなく、コロコロでプチプチ、つやつやの
『 イクラの醤油漬け 』 が出来上がりました 

moblog_29a02852.jpg  イクラたっぷりの海鮮丼を作りました
大粒のイクラが美味しさを倍増させてくれた感じです
コロコロしているのでお箸がからこぼれてしまい、しまいにはスプーンで食べました

新潟の郷土料理に 『 のっぺ 』 という煮物があります
里芋、人参、タケノコ、こんにゃくetcの具材を干しシイタケと干し貝柱のだし汁で
煮たものです
里芋の美味しいこの時期からお正月にかけて、来客の時のおもてなしに 
のっぺを作る事が多いようです
「 のっぺにイクラをちらして食べる!」  これが一番美味しいのっぺの食べ方なので
この時期に 『 イクラの醤油漬け 』 を作る人が多いのはそのせいなのかな?
とも思います

少しばかりお時間を頂いて 、新潟の郷土料理 『 のっぺ 』 も
頑張って作ってみようと思います 

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました

 

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

22:59  |  ひとりごと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.11.06 (Tue)

郷土料理 ~鮭の焼き漬け~

鮭が安くなったので  『 鮭の焼き漬け 』 を作りました
冷蔵庫でも5日間位は保存が効くので、作る時はちょっと多めに作っています
酒の肴、お弁当のおかずにもなる美味しい一品、ご紹介です

【 作り方 】
➀ 漬けダレを作ります
  お醤油、お酒、みりん、お水、だしの素、( お好みでお砂糖 ) を入れてひと煮たちさせます
② 鮭は出来れば餅切りにして下さい ⇒ お餅みたいな四角が理想です!
 ( 私は下手っぴなんで下の写真のようにしか切れません  修行が足りてません  )
③ 魚焼きグリルで鮭を焼きます
④ 焼いた鮭を熱いうちに漬けダレの中に入れて味をしみ込ませます  ⇒ 完成です 
   
moblog_609ebf7e.jpg
漬けダレは、鮭がつかる位の量があるといいです
( 私はひっくり返すのでやや少なめです )
鮭に味がしみこんだら、漬けダレからあげて下さいね
甘い感じより、ちょっとしょっぱめの方がおいしいかな?って思います

  moblog_fd886576.jpg   やっぱりハラスが好き 
鮭を焼いてから漬け込むのでとても香ばしい味になります 
冷めても硬くならず、しっとりとした食感なので口当たりがいいですよ
娘が 『 これ、あたし好き 』  と言って食べてくれました
嬉しいな~  間違いなく新潟の子だなぁ 

お茶漬けにして食べても美味しい新潟の郷土料理 『 鮭の焼き漬け 』
簡単に作れますので是非一度お試し下さい

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました

 

 
  
 
   

テーマ : ご当地名物 - ジャンル : グルメ

22:05  |  おすすめです  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。