09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.11.30 (Sun)

郷土料理 ~かきのもと~

食用菊の< かきのもと >も、そろそろ終わりです
無くなると思うと、湯がいて冷凍して食べようかと考えてしまいます

お客様が、かきのもとを茹でたら真っ黒になってしまったと言われました
茹で方を確認させてもらいましたが、間違ってはいませんでした
実際には真っ黒になるという事ではなく、緑色を青色と言うように
茶色くなって汚い色になってしまったという事なのです

実は私も真っ黒になった経験者です( 先輩でした )
誰に聞いてもそんな風になった事がないとおしゃっていただけに
分かってくれる人がいて、その方は何だか嬉しそうでした


どうして真っ黒になるのか?
多分なんですが、菊の花びらはすごく軽いのでお湯の中で浮いてしまう為
しっかりと菊がお湯に浸っていなかったのではないかと思います
そのように話をさせてもらったら
「じゃあ、 頑張ってみるわ!」と言って買って下さっていました
今度は真っ黒にならないといいんだけれど、どうだったかな?

かきのもと   の花びらをむしったところ
  moblog_3f5a8cdb.jpg  

茹で上がりは綺麗な赤紫色になりました( 成功 )
moblog_4d054bbd.jpg 
お酢の力です
私だってお酢を振りかけたい 

かきのもとのお浸し
moblog_1ed016c8.jpg 
シャキシャキでほろ苦、大人の味です
シンプルに頂くのが一番美味しいですね

春菊とかきのもとの胡麻和え
moblog_aa462372.jpg 
春菊の香りがすごくいいです
彩りも綺麗になりますね
少し甘めにすると食べやすいかな?


かき合えなま酢
moblog_3072544a.jpg 
新潟のおもてなし料理です

< 私の作り方 >
レンコン( 五泉美人 )は薄切りにしてお酢と砂糖で煮ます
別に干し椎茸を甘辛く煮たものを薄切りにして入れます
彩りにきゅうりと色付きのあられ麩、かきのもとを入れます
味付けは、ごまとクルミをすって、練りごまも入れました
濃厚なごま風味の甘酸っぱい味になれば出来上がりです!
クルミが多いと美味しくなりますよ~

実家におすそ分けしたらとても喜んでもらえましたが
男性とお子様はお好きではないようで、箸さえつけてくれませんでした 
かなり美味しく出来たのに・・・  


ごまを擦る時に使うすり鉢
moblog_fc43c0ed.jpg 
少し擦る時にとても便利で重宝しています
離乳食の時に使っていたものです
あれからずっと今日まで・・・
これからも大切に使っていきたいと思います

そしてこれからも・・・
せっせとゴマ擦っていきますよ~!? 


本日もご訪問頂きまして、ありがとうございました





スポンサーサイト
01:02  |  美味しかった!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://otomisanaoyama.blog.fc2.com/tb.php/287-84b5bc44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。